英会話の流儀

日本語会話の”流儀”と英会話のそれは、大きく異なります。
(※流儀、とは「物事のやり方」のことです。英語にするとstyle(スタイル)です)

なぜ異なるのか。

発音、文法といった言語的な違いが原因ではありません。
価値観、習慣、物事のとらえ方、信条、歴史・・・などの文化が違うから、流儀が違ってくるのです。

発音、文法をどれだけマニアックに勉強しまくったところで、
あなたの『コミュニケーション力』には大きな変化をもたらしません。

大切なのは、英語で会話するときの流儀(コミュニケーションスタイル)を身に着けること。

文化の違う相手と会話するときのコミュニケーションスタイルは、学校では教えてくれません。
テストでは測れません。

でも、とても大切です。

アイシーのレッスンでは、英語と一緒に、英語の流儀も身に着けられるように
英語のコミュニケーションスキルを教え、練習しています。

生徒さんは「いやいや、まだまだ私の英語は・・」っておっしゃったりしますけど、
ネイティブから見ると、とても自然に会話が運べています。

「語彙力」「文法力」「発音」が弱いからといって、
コミュニケーションができないわけではないのです。

先にコミュニケーションスキルを教わって、そこに覚えた単語や文法、発音を載せていく。
この順番でもいいんじゃないでしょうか。

もちろん、先に言語的なものをマスターしてから、
コミュニケーションスキルを教わって使う、というのもいいです。
ただ時間がかかるし、この順番だと続かない人が多いです。

まぁどちらが先でも、両方が必要であることは確かですよ!!

タミーこと藤田珠奈